通信制大学の学費

100万円程度で卒業できるところも多い

私立の大学に通うと卒業までに、学費は総額で400万円はかかるといわれています。安くするためには国立に通えばよいのですが、とても狭き門なので、誰でも利用できる方法とはいえないです。もしも、学力の問題で国立に通えずに、金銭的な事情から私立に通うのが難しいのなら、通信制大学はとてもオススメできます。入学から卒業まで、総額で100万程度のところが多いので、金銭的なハードルはグッと下がるはずです。
なお、通信制大学には、通学して講義を受けるスクーリングシステムがありますが、毎日通う必要はありません。そのため、四年間の大学までの交通費を支払う必要なくなるので、学費以外の面でもかなりの金額が節約できるといえます。

学費は資料を取り寄せて比較しよう

通信制大学の学費は統一されているわけではないため、知りたい場合は資料を請求してみましょう。そこには、入学金や授業料などが掲載されていて、卒業までに必要な費用のおおよその総額も載っています。資料請求は無料なので、たくさん取り寄せて、各通信制大学の学費を比較してみましょう。
なお、通信制大学でも、学費がかなり高いところが複数あります。それらは大卒の資格を取得できる以外に、何らかのメリットがある場合が多いです。それは、高学歴だったり、さまざまな資格だったりするので、気になるのなら付加価値を調べてみましょう。ただし、どの通信制大学を出たとしても、大卒という資格の価値は同じなので、安いところに通いたい方も安心して大丈夫です。

英語の教員免許を通信大学で取得する場合には、教育実習やスクーリング、オリエンテーションなどのためにスケジュールの調整が必要となります。

© Copyright Communications Major. All Rights Reserved.